背景色
文字サイズ
標準
拡大

のばそう健康寿命

のばそう健康寿命~人生100年時代に向けた長崎県の挑戦~

健康寿命

健康寿命とは、健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間をいいます。
平均寿命と健康寿命との差は、日常生活に制限のある「不健康な期間」を意味し、平均寿命と健康寿命の差を短縮することができれば、個人の生活の質の低下を防ぐことができます。
本県の健康寿命は、徐々に延びてきていますが、全国平均には及びません。


(健康寿命 出典:平成30年厚生労働省資料)

平均寿命と健康寿命

本県の「不健康な期間」とされる平均寿命と健康寿命の差は、男性8.55年、女性12.26年です。


(長崎県の平均寿命と健康寿命)

この期間を短くして、県民の皆さんに、いつまでも健康で活力ある毎日を送っていただくため、長崎県では、県民の皆様と一緒に「健康長寿日本一」を目指した取組を推進していきます。
一緒に、健康長寿日本一の長崎県を作っていきましょう!

のばそう健康寿命 ながさき3MYチャレンジ

ながさき3MYチャレンジとは、「健康長寿日本一」を目指して、県民運動として、取り組む具体的な内容です。

毎年回、健診受けて
毎日コニコ9000歩
毎日回、野菜を食べて
  ーしみんなで健康長寿

毎年、毎日の3つの「毎」と「私の」を意味する「MY(マイ)」をかけ合わせて、「ながさき3MYチャレンジ」と名づけました。
県民の皆さん!今日から「3MYチャレンジ」を始めてみませんか。

健康長寿日本一長崎県民会議

健康長寿日本一の長崎県づくりの県民運動を推進するために、「健康長寿日本一長崎県民会議」を設置しました。
「健康長寿日本一長崎県民会議」は、県民運動を強力に推進するため、県内の保健医療関係団体、経済団体、大学、マスコミ、地域団体などの団体の代表者で構成される組織です

県民運動ロゴマーク


(作者:河井大郎さん)

長崎県のイニシャル「N」と日本一を目指そうという「1」を組み合わせ、また、県民みんなで声を掛け合いながら健康づくりを進めようという意味合いを込めて、「N」マークを「メガホン」と「運動」をイメージできるデザインです。
色は、野菜の摂取など健康を表すグリーンです。
全体として、健康長寿日本一長崎県民運動の趣旨を表しています。